Shiho Toyonaga

special

【ツアー序盤を振り返って】

【ツアー序盤を振り返って】

自身初のツアーシード権獲得を目指して臨んだ今年。ツアー開幕から出場4試合を終えた今の心境、好調な滑り出しの理由、そして更なる飛躍に向けた秘策を聞いた!!

20150406_1.jpg

Q:まず、開幕から4試合を終えた感想は、如何ですか?

無事に4戦連続、予選通過できて良かったです。
特に開幕戦のダイキンオーキッドレディースで20位タイという好スタートを切れたことが、すごく大きいです。
オフから取り組んできたスイング改造の成果が、いきなり試合で良い結果として出て、自信に繋がりました。

Q:現在(ヤマハレディース終了時)、パーセーブ率が9位と安定したショットが好調の鍵となっているように思いますが、好調の要因は?

メンタル面では、「攻め過ぎず、守り過ぎず」を心掛けてプレーしています。
技術面では、オフにしっかりと練習したショートゲームの成果が出ていて、結果として、好調に繋がっていると思います。

Q:ヤマハレディースでは、見事自己最高位タイの5位Tフィニッシュでした。率直なお気持ちをお聞かせください。

率直に、嬉しかったです。4日間通して、ずっとトップ10にいれたこと、4日間競技でトップ5入りできたことが、自信になりました。

Q:最終日17番でのバーディーは見事でしたが、ティーグランドに立った時の心境はどのようなものでしたか?(結果的に、あの1打で10位から5位タイに浮上しました)

TOP10になっていたのは、わかっていましたので、バーディーを取りたい気持ちが強かったです。最終18番ホールのロングでバーディーを取ろうと狙っていましたが、まさか、17番でバーディーが取れるとは!とびっくりしました。

Q:ヤマハレディースは、4日間競技でしたが、3日間競技と違い、どんな面が大変でしたか?また気を付けていた事はありますか?

4日間は、やはり体力が必要です。
ですが、日数が多い分、1つボギーを打っても諦めないで最後までプレーするように気をつけていました。それが結果的に良かったのだと思います。

Q:更に上位を狙う為に、課題としている事は、ありますか?
また、それを克服する為に、どのような取り組みをされていますか?

今年の目標は、平均ストローク71台を目指しています。上位を狙うには、毎試合平均ストロークを意識してプレーすることです。
取り組みとしては、スイング改造をしたことで、飛距離アップを目指したいです。
(ヤマハレディース終了時:平均ストロークは72.15で全体の14位)

Q:連戦が続いていますが、体調管理で気を付けている事はありますか?

しっかり食事を摂って、たくさん睡眠をとり、翌日に備えることです。
最近は、そのおかげで毎日好調です!でも、花粉症は辛いですが...。(笑)

Q:とっておきのリフレッシュ方法はありますか?

半身浴でDVDを観ることです。
最近は、宮崎駿監督のジブリ作品『風立ちぬ』を観て、お風呂でひとり泣きました。(笑)

Q:応援しているファンの方に一言(お願いします)

これからも、一試合、一試合、出場できる試合に全力を尽くして頑張ります。
これからも応援宜しくお願い致します!